失敗しないピアスの開け方は?

ピアスの開け方としては、ピアッサーを使う、病院で開けるのいずれかです。

(消毒した安全ピンなんていうのもありますが)ピアッサーのメリットとしては自宅で簡単に素人でもでき、リーズナブルなことです。

 

しかし、素人なので、左右のバランスなど難しく、また、耳元で開ける音が割と大きく、それが怖くて、ピアッサーを買ったのに結局開けられない人もいます。

失敗せず、安心な方法は病院で開けてもらうことです。

 

整形外科や皮膚科などで開けてもらえます。

開ける方法はピアッサーもあると思いますが、耳の後ろから穴の開いた針を通し、その穴にファーストピアスを入れて、穴針を抜けば、ピアスが通っています。

 

病院で開けるメリットは静かで、自分の開けたい位置に医師が確実に開けてくれることです。

また、その後の消毒キットなどもくれるので、安心感は一番です。

 

自宅でピアスの穴をあけるときは、消毒液で手や開ける前の耳を消毒しますが、開けた後は、消毒液では化膿することもあるので、必ず、天然の塩を溶かした塩湯を用意します。

 

また、安定した穴にするために、ピアスもきちんと選びたいものです。

ピアッサーに内蔵されているものはファーストピアス専用のものですが、病院などへは自分で選んで持っていくことになります。

材質は医療用ステンレス、純金、純チタンなどがあります。

金属アレルギーの原因となる可能性のできるだけ低いものを選びます。

 

次にサイズです。

短いものだと、キャッチとの間で圧迫されて、よくありません。

本人の耳の厚さもありますが、消毒などのしやすさも考えて長いものを選びます。

また、太さも、安定したホールを作るために太目のものを選びます。

 

また、ピアスをあけると決めたならば、ファーストピアス期間中に行かなくて済むように美容院に行っておくのがいいです。

カラーやパーマ液など、傷口の刺激になるものはできるだけ遠ざけるのが、トラブルなくピアスを楽しむための一歩です。


位置ごとのピアスの開け方を教えて下さい

しこりのできないピアスの開け方は?

ニードルでのピアスの開け方は?  

軟骨ピアスの開け方は?

病院でのピアスの開け方はどうするの?

ピアッサーでのピアスの開け方は?

ピアスの痛くない開け方は?



サブコンテンツ