ピアスをする場所で意味が変わるって本当ですか?

"今やおしゃれの必須アイテムのひとつになっているピアス。

 

ピアスの歴史は古く、元々は外国で貴族の象徴といわれていました。

そこから、ピアスはあける穴の個数、男女の違いにより異なった意味というのがつけられています。

 

基本的には、右耳にあけると「守られる人」、左耳にあけると「守る人」という意味があります。

また、意味合いを持たせる耳に、「偶数数」を持たせ、趣向のない方を近寄らせないために、反対側は奇数の方が良いといわれています。

 

そこから派生し、ピアスをあける耳の場所は、現在では男女の違いで、ノーマルor同性愛によって意味が異なってくるといわれています。

 

具体的な意味は、ノーマル男性は、「左に偶数」で、ノーマル女性は、「右に偶数」。

同性愛の男性は、「右に偶数」で、同性愛の女性は、「左に偶数」ということになります。

ちなみに、両耳に1個ずつはノーマル or バイの位置付けとなっています。

 

しかし、ピアスが万人の人につけられるようになった現在では、皆さん自由に楽しんでおられます。

現在の日本でも、両方に同じ数だけ左右対称の位置にあけるということがダサいと考えられることが多いようです。

そのため、片方の耳に少し多めにあける、左右非対称の場所にあけるというのが一般的になりつつあります。

 

また、「耳たぶのどの場所にあけるのか」ということに関してはあまり深い意味はありません。

 

「耳たぶのど真ん中にあけるとダサく見える」、「耳たぶのちょっと下ぐらいがベスト」といったファッションの視点からピアスの場所を決めるというのが一般的です。

 

ピアスの歴史から考えると場所によって意味があるというのは本当です。

 

しかし、ファッションアイテムのひとつとして定着していきつつある現在では、全員がピアスの場所で意味をもたせて考えるというのは少数の意見になりつつあり、皆さんが自由にファッションとして楽しんでピアスをつけて問題ないのではないでしょうか?


左耳にするピアスに意味はありますか?

右耳のピアスの意味は何ですか?

ピアスをプレゼントされる意味ってどういうことですか?

女の人のピアスに何か特別な意味はありますか? 

男の人のピアスをすることの意味を教えて下さい 

ピアスの数による意味はありますか?



サブコンテンツ