軟骨はピアッサーで開けると痛い?

ピアスを開けるのに非常に便利なのがピアッサーです。

雑貨屋などでだれでも簡単に手に入れることができ、簡単にピアスの穴が開けられる方法だからです。

耳たぶ以外にピアスを開けたいとなると軟骨になります。

 

そこで、自分でピアッサーで開ける場合は軟骨専用のものを利用します。

また、耳たぶの場合は開けた後、マキロンなどの普通の消毒液でケアすればさほど問題はありませんが、軟骨の部分はさすがにそれではなく、専用の消毒剤を利用するのが定番となっています。

 

きちんとケアをしても軟骨なので耳たぶに比べて非常に痛いと言います。

開けるのは一瞬なので痛みに耐えられないことはありませんが、その後のケアが大変です。

開けたすぐ後のころは、お風呂はもちろん、寝ている時に寝返りをうっただけでも激痛で目が覚めるなんてこともよくあるそうです。

 

ピアスの穴を開けるのは、できれば医療機関で行った方がいいことは多くの知るところです。

軟骨の場合は特にそうなんです。

ピアッサーは握ったら内蔵されているバネのチカラで先端の尖ったピアスが飛び出し、反対側のキャッチにそのまま刺さるという原理です。

 

開けたい場所に合わせて握るだけでいいので簡単ですが、よく考えれば画鋲やピンなどで無理やり穴をあけるのと同じ原理であることがわかるでしょう。

つまり、肉を押しつぶしながら穴をあけるのです。

これに対してクリニックなどではニードルを使用します。

 

押しつぶすピアッサーとは違って肉を切りながら穴を開けるので痛みが少なく、傷口もきれいです。

そのため、回復も早いのです。

また、ピアッサーで開けると穴の位置がずれていてピアスがなかなか入らないとか、開けたい場所とずれてしまうこともしばしばあります。

ニードルで開ければまずそういったことは起こりませんし、きちんと消毒なり処理をして行うので、腫れや痛みが少なく、治りも早いのです。

 

こういったことから軟骨はピアッサーで開けるより、クリニックでニードルで開けるのがいいのです。

 


軟骨ピアスの痛みで腫れた場合どうすればよいですか?

病院で軟骨ピアスを開ける場合麻酔はしてくれるんですか?

軟骨ピアスを病院で開ける場合、ニードルを使用するんですか?



サブコンテンツ