男が開けると良いピアスの位置は?

ピアスがファッションの一つとして一般にも受け入れられるようになりました。

そこで、これからピアスに挑戦する男性に、開けると良いピアスの位置をご紹介します。

 

それにはまず、ピアスについての歴史を知る必要があります。

もともとピアスは、邪悪なものから身を守る魔除けや身分を表すものとして使用されてきました。

 

ヨーロッパでは美しい耳飾りを付けて悪魔が耳から入らないように、生まれてすぐに付ける習慣があるそうです。

エジプトでも悪魔が体の穴から入ってこないように、魔物を遠ざけると言われた光り輝くものを耳に身に付け魔除けとして使用されていました。

 

中世ヨーロッパでもピアスは魔除けとしてまた、悪口や皮肉などを毅然とした態度で受け流すという気持ちを表すものとして、貴族が身に付けていました。

男性は武器を右手に持っているので、女性と歩くときは、必ず右側だったと言われています。

 

このことから男性の左耳は勇気と誇りの象徴として守る人というイメージが、女性の右耳は優しさの証として守られる人というイメージができました。

 

また、ピアスは片耳だけに付ける習慣だったので、男性が右に女性が左に付けていると同性愛の印とされたのです。

 

そういった過去の歴史を受け継いで、男性で右耳に付けているならゲイ、左なら勇気と誇りの象徴、女性で左耳に付けているならレズ、右耳なら優しさと成人女性の証とされているのです。

また、ヨーロッパでは割り切れる偶数が縁起が良いとされているので、ノーマルな男性なら左耳に偶数個つけるのがベストなのです。

 

ただ、右に付けているから必ずしもゲイというわけではありません。

それをファッションとして楽しむのなら、どこに何個つけてもその人の自由です。

 

ただ、右はゲイ、左はノーマルということを理解している人から見と、右に偶数個付けている人は、ゲイの可能性が高いと思われてしまうでしょう。

勘違いされたくないなら、左に偶数個付けるのがいいでしょう。