ピアスの数による意味はありますか?

ピアスを開けるときは、どんな時でしょう?

今ではファッションとして開ける場合がほとんどかもしれませんが、一般的に語られる意味合いからすると、もともとは愛する人への想いが込められています。

 

ピアスの意味合いとしては、右耳が守られる人、左耳は守る人という位置づけがされています。

ですから男性が右にするとゲイの印、女性が左にするとレズの印とも言われているのです。

男性は愛する女性を守る証として左耳にピアスをし、女性はその愛を受けて右側の耳にピアスをします。

 

耳にいくつ穴を開けるかですが、日本では七五三に代表されるように奇数が縁起がいいと言われていますから、片耳ピアスは流行しやすかったかもしれませんね。

海外では逆に奇数は縁起が悪いとされていますので、偶数穴を開けるのが好まれているとか。

その際も、男性は女性を守る証として左耳に偶数、女性は右耳に偶数つけます。

 

おもしろいのは、反対側の耳には邪魔者を寄せ付けないために、縁起が悪いとされる奇数の穴を開けるそうです。

日本では縁起が悪いとされるものをあえて身につける習慣がありませんから、これは日本と海外の文化の違いですね。

あるいは、恋人同士の時間を大事にするという熱意の違いでしょうか。

 

ピアスを開ける際の男女の意味は、基本的な意味として一般的に語られていますが、具体的にいくつ穴を開けるかに関しては、特に決まりはないようです。

 

たとえば左右の耳に2つ以上つけるのはよくないとか、左より右が多い方がよいとか、後付けのジンクスはいろいろあるようです。

むしろ最近では、物事がうまく進まないときに開運としてピアスを開ける人も多いようです。

 

それでうまくいけば、それがその人にとって幸運の数になり、ジンクスにもなっているようですね。

 

それでも開運ピアスに関しては、石にこだわってつけている風潮があります。

もはやピアスの穴の数はそれほど重要視されず、ファッションとしての見た目に意味があるようですね。

ちなみに右3つ、左2つはお洒落な人として見られるそうですよ。