女の人のピアスに何か特別な意味はありますか? 

ピアスは元々古代ヨーロッパが発祥の地で、「魔除け」の意味があったそうです。

中世のヨーロッパでは戦いに行く男性と対にして守られる意味として女性が右耳にピアスをしたと言われています。

 

左右のどちらにつけるか、数によって意味も異なってきます。

現在女の人のピアスの意味としては、ファッション感覚なものが大部分をさしているようです。

ただ深い意味を考える時、日本人は結婚式などのおめでたい席での偶数は縁起が悪いと昔からいわれているのですが、ヨーロッパでは逆に奇数が縁起が良くないとされています。

 

ピアスはヨーロッパから来たものなので、興味がある人やものを引きつけることを表すときに縁起をかついで数を偶数にしたりします。

また片耳にピアスをする言い伝えとして、守る側の男性が左側にピアスをするので、対の右側のピアスを女性に贈り、勇気と誇りをかけて守るという忠誠心を示したと言われています。

 

また贈られた女性もそれを付けることによって男性の思いに答えたというロマンティックな語りがあります。

ですので普段は何も考えずピアッシングを楽しんでいるかたも、何か特別なイベントや、男性からのプレゼントのときはもしかしたら深い意味があるかもしれないので注意したほうがいいかもしれません。

 

そんなことからノーマルの女性は右耳に偶数、同性愛の女性は左耳に偶数などの表現の仕方もあります。

 

耳の位置などはあまり関係ないみたいです。

またこういった言い伝えに全く関係せず何十個もシンプルにピアッシングファッションを楽しむ女性も沢山います。

あと耳だけでなく、体につけるボディピアスも身近なものになってきました。

 

特におへそにつけるものは夏になるとショートパンツに合わせたり、水着着用時に見せられるファッションとして男女問わず人気も高まってきています。

種類も豊富でかわいいものもたくさん出来てきているのでこれからの個性派ファッションとして欠かせないものとなってきています。