左耳にするピアスに意味はありますか?

左耳にピアスをするには意味があるようです。

左耳に装着するのは男性で右耳に装着するのは女性だと言われています。

 

古代ヨーロッパでは男性が女性を守るために利き手である右腕を自由にしておく必要があり、左側に女性を連れ添い庇っていたというロマンチックな逸話があります。つまり男性が左耳にピアスをするのは、女性を守る強い気持ちの表れや象徴となります。

一方、女性は男性に守ってもらう、庇ってもらう意味で右耳に装着していたと語り継がれています。

 

男性は左耳に、女性は右耳にピアスをすることで対になっていることによりお互いを見つめあっている、見守っていることを表しており、離れ離れにならないようにという意味が込められています。ピアスはもともと2つで1組みのものなので、恋人と夫婦で男性が左耳に女性が右耳につけることによりもし離れて暮らすことになっても、いつかはまた一緒に暮らすようにできるという願いが込められています。

 

以上のことから男性がピアスを1つするなら本来、左耳に装着をするものだと認識されています。

つまり男性が右耳にピアスをするということは、自分が守ってほしい女性的な存在である存在だとアピールすることになり、ゲイだという証明になるのです。

海外の言い伝えなので、あまり気にすることはないかもしれませんが、世間一般では男性が右耳にだけにピアスをするとゲイだと思われてしまいますので、左耳につけたほうが無難です。左右に装着するのなら大丈夫ですので、右耳に装着したいという方は左耳にも装着することをおすすめいたします。

 

余談にはなりますが、当時ピアスは悪いものから身を守る「魔除け」や「身分を表す」ための装飾品でした。

古代ヨーロッパでは、邪悪な悪魔が耳に入らないようにする魔除けとして子供が産まれてすぐに着ける習慣があります。

中世ヨーロッパでは、貴族の証として貴族男性が身に着けて権威があることを市民に知らしめていました。