軟骨ピアスを病院で開ける場合、ニードルを使用するんですか?

耳たぶ以外の軟骨部分にもピアスを開けておしゃれを楽しむ人が増えています。

穴を開けるのに軟骨用のピアッサーも市販されていますが、痛みや腫れなどがあることが多かったり、上手く開けられなかったりするので、正直あまりおすすめできません。

ちょっと面倒でも、クリニックなどの医療機関でピアスホールを開けてもらうのがベストなのです。

 

病院で軟骨ピアスを開けるには、通常ニードルを使用します。

穴を開ける部位にマーキングをして麻酔をしてから行うので、痛みがなく安心です。

ニードルを使用すると傷口もきれいなので治りが早く、ほとんどトラブルのない処置法です。

 

軟骨用のピアッサーもありますが、実はピアッサーは平面に穴を開ける場合に適した商品なので、軟骨など立体物に穴を開けるには不向きなのです。

そのため、穴を開ける角度がおかしくなり、思ったような仕上がりにならなかったり、穴にピアスが通しにくくなったりするわけです。

 

また、ピアッサーでの問題がもう一つあります。

それは感染症の恐れです。

ピアッサーのキャッチの形が小さくて、腫れた場合に肉に埋まってしまいトラブルの元ともなりかねません。

それに、実はファーストピアスの素材選びを間違うと、金属アレルギーとなってしまうこともあるのです。

 

ピアスホールができて傷の周りに皮膚ができるまでは、金属が傷に直接付いている状態です。

汗や体液に反応して金属イオンが体内に入り、今までになかった金属アレルギーを引き起こすことがあるからです。

また、穴を開けた後の消毒液も実は重要です。

 

市販のものは通常毎日使用する用途では作られていません。

したがって消毒のために毎日使用することで肌に過度な負担がかかり、肌トラブルの元となるのです。

 

このように軟骨ピアスを自分で開けるには様々なリスクが存在するのです。

そういったリスクを避け、適切に軟骨ピアスを開け、おしゃれを楽しむには病院などで、処置をしてもらうことがベストなのです。