ファーストピアスが痛い時どう処置すればよいですか?

最近ではピアッサーを使い自分でも簡単にピアスの穴を開けられるようになりました。

しかし、ピアスホールが安定するまではファーストピアスを最低でも1カ月半はつけたままにしておかなければいけません。

 

この1カ月半の間はいろいろなことが原因で耳たぶに痛みを感じたり、耳たぶが腫れるなどのトラブルも起きやすい期間です。

どのようなトラブルが起きやすいかというと、ピアスの穴を開けてすぐはズキズキと痛むことがあります。

耳たぶに穴を開けているのでけがをした状態と同じようになり、痛いと感じます。

 

このようなときは、気になってしまいピアスホールを触ってしまう方もいますが、触ってしまうとよけいに不衛生になり菌が入り込み炎症や化膿などのトラブルの原因になるので、毎日専用のジェルなどで消毒し、清潔に保つことが大事です。

ピアスホールが安定してくると自然と痛みもなくなってきます。

 

他には、ピアスホールから膿みがでることもあります。

これは、ピアスの穴の部分に菌が入り込み化膿してしまった状態です。

また、この膿みがピアスホールに入り込みより不衛生になってしまいます。

 

このような状態になってしまったら、病院で診てもらい薬をもらった方がよいです。

お風呂上がりなどピアスホールを清潔にした状態で処方された薬をつけるようにします。

ピアスホールが完成するまでの間は傷口と同じような状態になっているので清潔に保つことに注意が必要です。

 

この期間、丁寧にケアしていくことでのちのちのトラブルも軽減され、ピアスホールの完成に時間がかかることも防げます。

 

このケアを怠ることで、化膿や炎症などのトラブルの原因になったり、

炎症や化膿がひどくなると一度開けた穴を塞ぎ、もう一度開けなおさなければいけなくなったりもしますし、

耳たぶにしこりのようなものができピアスが入りにくくなることもあります。

 

専用の消毒用ジェルをつけて、ピアスをくるくると動かすだけの簡単なケアなので時間もほとんどかかりません。

面倒がらずにきちんとケアしていくことが大事です。