ピアッサーでファーストピアスを開けた場合どれ位の期間していればよいですか?

ピアスと言えば、主に耳たぶに穴をあけるのが主流です。

専門医の元、医療機関であけると一番安全なのですが、近年は素人でも簡単に使用出来るピアッサーであける人が多数です。

 

金額面でも医療機関が平均片耳3000円であるのに対し、市販のピアッサーは高くても片耳1000円からと手頃な価格に加え、

安全面や衛生面にも配慮した精巧な作りが人気の秘訣です。

 

ファーストピアスをあけるのに最も適した時期は初秋から初冬にかけた、寒い時期だと言われます。

なぜなら、汗をかく頻度が少ない為化膿しにくく、衛生的に良いからです。

 

ピアスホールをあける部位を綺麗に消毒殺菌し、ピアッサーで穴をあけると、自動的にファーストピアスが装着されます。

ピアッサーにはファーストピアスが装着済みなのが一般的です。

 

個人やホールをあける部位にもよりますが、平均すると3~6週間の期間、ファーストピアスを付けたまま生活します。

ホールをあけた日は飲酒は控え、血流を促すお風呂もシャワーだけにすると良いでしょう。

勿論、毎日のケアは必須です。

 

ファーストピアスを少し出して、消毒液を付け出し入れする事で、ホールを衛生的に綺麗に保ちます。

最初にホールをあけてから1週間もすると腫れは引き、痛みも殆ど感じなくなります。

 

ホールを上手にあけるポイントは次の3つです。

 

1・ピアッサーを真っ直ぐに持ち、ホールが斜めにならないよう、垂直にあける

2・ホールをあけてから1週間はプールや海、温泉等の施設には入らない

3・必要以上に患部を触らず、1日2回のケアのみと決める、その際は触る手も綺麗に消毒し、雑菌が入らないよう気をつける

 

基本的な事ですが上記を守れば、ピアッサーで上手にホールがあけられます。

ファーストピアスを外すのは2ケ月後以降にします。

ホールが完全に完成するのは6週間から1年と、時間を要しますので、ファーストピアスを外しても、重すぎるピアスや人から譲り受けたピアスの使用は控えましょう。